葬儀の費用もしっかりと把握しておきたいもの

葬儀と言うと、普段の生活では滅多に無いと言って過言ではない出来事です。なので実際に葬儀をとなった場合、その費用についての知識はあまり無いというのが現実ですね。

実際この葬儀にかかる費用は、本当にピンからキリまであります。金額的に、天と地ほどの差も出来てしまうのです。

豪華な葬儀だと、本当にいくらお金がかかるかわかったものではありません。しかし普通の人の普通の葬儀なら、実はそれほど高価になることはあまり無いのです。

勿論葬儀社によってもかなりの差が出てきますし、お棺1つとってもその素材によってかなりの金額の差が出ます。

しかし質素ででも、それなりの葬儀を営むなら大体100万くらいの金額で出来る、と言った感じですね。これを親族だけの葬儀にしたり、身内だけの慎ましい葬儀にすると、もっと金額的に低く済みます。上は天井知らずですので、あまり上は見ないほうがよろしいと言えるでしょう。

さてこの葬儀の金額ですが、近頃は葬儀社も明朗会計にしてくれています。かかった費用はしっかりと明細に上げてくれますし、葬儀の打ち合わせの時にその辺りもしっかりと話しをしてくれます。

正直なところ、この葬儀打ち合わせの時に、金額的なことを有耶無耶にしていたり、適当にぼかしていたりする葬儀社は、避けたほうが賢明です。

普段は葬儀などにかかわらない素人相手だと、適当に水増ししての請求が無いとは言えません。悲しみの最中でも、しっかりと理性は働かせて下さい。

昔は、たかがお金のことで揉めるのは、亡き人にも失礼だという考え方もありました。しかし残されたものの生活は、その後も続くのです。しっかりと財布の紐は、握っておいて下さい。

さて葬儀だけでなく、僧侶に渡すお布施という問題も葬儀の中には出てきます。どこかのお寺の檀家になっている場合は、まあそのお寺の決まりでということになります。

しかしこれも葬儀社の手配での場合、こちらもしっかりと明細に上げてもらうのがよろしいでしょう。

特に戒名もとなった場合、金額で後々揉めることのないように、葬儀前にしっかりと打ち合わせておきたいものです。