ミノキシジル含有の育毛剤がおすすめの理由とは?

年齢を重ねていくにつれて、髪の毛が薄くなってしまっていると言う方もきっと多いと思います。

世間一般的に見て薄毛と言うのはあまり良い印象をもたらしませんし、自分自身の自信を喪失させてしまう可能性があります。

そんな中で少しでも自分の髪の毛を生やしたいと思っている方に対し、おすすめと言えるのは育毛剤を使用することです。

そして育毛剤を使用する中で特に含有されていてほしい成分に「ミノキシジル」と言う成分が挙げられます。

日常的にはあまり聞き慣れない成分であるこのミノキシジルが一体どのようなものなのかと言うことと、ミノキシジルが含有されている育毛剤がなぜおすすめなのかと言うことについて簡単にお話ししていきたいと思います。

ミノキシジルは1960年代に高血圧の経口薬として開発された成分であり、数十年の年月を経て髪の毛に対する効果が認められた成分として現代では様々な育毛剤に取り入れられています。

髪の毛が入るメカニズムとして、ミノキシジルが頭皮の血管を拡張させてくれることで毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と説明されています。しかしながら根本的なメカニズムの解明はまだされていません。

日本で有名なミノキシジルが勧誘された育毛剤は大正製薬が開発したミノキシジル成分1%の「リアップ」ですが、製品改良が行われているうちに女性の薄毛を改善するための育毛剤である女性用の「リアップレディ」も発売されることになりました。

それからミノキシジルの成分を一気に5%に増量させた「リアップX5」や5%のミノキシジルの他に皮脂の分泌量や酸化を抑えたり、頭皮の炎症を抑える効果がある成分であるピリドキシン塩酸塩やトコフェロール酢酸エステル、l-メントールなどを配合した「リアップX5プラスローション」と言う商品の開発され、ミノキシジルなくして育毛剤は作れないとまで言えるようになりました。

いずれも医薬部外品の育毛剤であり、誰もが簡単に手に入れられる育毛剤として有名となっていますので、ぜひ少しでも薄毛にお悩みであると言う方は試してみてはいかがでしょうか?