抗炎症作用しかない!?育毛剤「チャップアップ」の成分や価格とは?

チャップアップの成分や価格
育毛剤と調べると、ウンザリするほどチャップアップ(CHAPUP)の広告サイトが出てきますが、この育毛剤は果たして本当に薄毛に効果の有るものなのでしょうか。

そこで当記事ではチャップアップの成分や価格、発毛剤と比べてどうかについてお話ししたいと思います。

成分や価格を大紹介!チャップアップは薄毛に効くの?

それではまずはチャップアップの成分を見てみましょう。

センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHC、ビワ葉エキス、牡丹エキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ヒオウギ抽出液、ニンジンエキス、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレ、アルニカ、オドリコソウ、オランダカラシ、ゴボウ、セイヨウキズタ、ニンニク、ローズマリー、マツ、サクラ葉抽出液

以上です。まあ色んな成分が含まれていますけれども、重要なのはセンブリエキスとグリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCでしょう。以下ではこの3つの成分の働きについてみていきたいと思います。

センブリエキス

センブリエキスには、血行促進や抗炎症作用があると言われています。頭皮の血行が良くなると、毛根に栄養が行き渡り、髪の毛が元気を取り戻す。

そのような狙いをもってセンブリエキスは育毛剤に配合されることが多いのですが、この成分は発毛効果を認められているものではありません。サプリメントと同じように、頭皮の健康を保つくらいのことしか期待できません。

もちろん薄毛を改善、予防するには頭皮を清潔に保つ、健康に保つことは重要ですが、それで髪の毛が生えてくることはありません。あくまで髪の毛の健康をサポートする成分と考えたほうが良いでしょう。

グリチルリチン酸

グリチルリチン酸はニキビケア用品などにも使われる抗炎症成分です。漢方薬に使用される「甘草」の根の部分から抽出されます。

確かにこのグリチルリチン酸には抗炎症作用があるとされているのですが、それ以上でも以下でもなく、髪を生やしたり育てたりする効果は存在しません。

ジフェンヒドラミンHC

ジフェンヒドラミンHCはアレルギー症状を抑える作用のある成分で、蕁麻疹や虫さされ用の外用薬に用いられることもあります。はい、もうお分かりですね、これも抗炎症成分です。

チャップアップの主要成分は、センブリエキスとグリチルリチン酸とジフェンヒドラミンHC。

そのうちかろうじて育毛に役立ちそうなのがセンブリエキスですが、そのサポート力は髪を生やすほどのものではありません。

薄毛予防目的なら?

チャップアップには発毛効果はほぼ存在しないと言ってよいでしょうが、これだけ抗炎症作用のある成分が含まれているわけですから、頭皮を清潔に保ち、皮膚炎等で禿げてしまうのを防ぐために使用するなら、意味はあるのではないかと思います。

逆にすでに薄毛の進行している方がチャップアップを使用するのは、あまり意味がないと言ってよいでしょう。

通常価格7,400円(税込)

チャップアップの通常価格は、税込7,400円となっております。送料は一律660円、定期購入コースに入会すれば、本体割引はないものの、送料は無料となります。

2本まとめ買いなら1本当たり6,900円(税込)に割引されます。サプリメントとのセット販売もあるようです。

まとめ

以上、チャップアップの成分や価格についてご紹介いたしました。

数々の薄毛対策サイトで紹介されているチャップアップですが、その実態は主要成分がほとんど抗炎症作用を持つに留まるという代物でした。

薄毛を予防する、頭皮を清潔に保つ目的で使用するのなら有意味と思われますが、すでに禿げあがってしまった人が使用してもあまり意味はないでしょう。

それに発毛剤「リアップ」より値段が高いのも気になります。購入前によくよくご検討ください。

【関連】安全・人気の育毛剤紹介!