転職先の選び方は年代により異なる

終身雇用制度が無くなった近年では、転職はある程度の職歴を持つ人ならだれでも1度は考えるものです。

なぜなら、同じ会社内でも転職先を決めてから退職を申し出る人が何人もいることを経験上多くの人が知っているからです。

では、転職先の選び方には年代による違いがあることを知っている人がどのくらいいるでしょうか。

20代の転職はキャリアアップ狙い

20代のうちに転職する際には、今よりも上位職種の空きが社内に無いために他社へ活路を見出すケースが少なくありません。

よくある例として、プログラマーには30歳定年説がありますが、プロダクトマネージャーやシステムアーキテクトといった上流工程の職種は、空席が出なければポストに就けません。

転職をキャリアアップのチャンスと捉えることが出来れば、計画的な転職で新たな人生が切り開かれます。

30代以上の転職は目的を明確にしよう

30代以上の転職は、何のために転職をするのか目的意識とプランを明確にしてから行わなければ失敗しかねません。

10年以上の勤務歴と経験を活かした転職を行う際にも、転職先企業には今までの会社での独自ルールが一切通用しないことを忘れてはならないわけです。

転職エージェントを利用して、一度キャリアコンサルティングを受けた上で転職が本当に必要で、どのような企業なら適しているのか確認した上で転職に踏み切る必要があります。

40代以降の転職は定年を意識した最終転職

40代以降の転職は、現在の職場では50代以降いつリストラ対象となるか分からないために定年まで働ける職場確保のための転職が少なくありません。

55歳を目安として早期退職優遇制度により半ば強制的に退職させられて、再雇用制度を利用しても給料が半減するくらいなら、まだ転職できるうちに65歳まで働ける会社へ転職したいという気持ちが出ます。

転職エージェントを利用すれば、転職候補先の会社について詳しい状況を確認出来るので、単独で転職先を探すよりも納得出来る結果となりやすいです。

特に雇用期間を重視する人にとって、転職エージェントを挟んだ転職だからこそ出来る転職条件を契約の形で交わすことが出来る点は魅力です。